高校美術教科書・新幹線車内誌にて掲載されます

中内渚の絵が2022年度より高校美術の教科書にて掲載されます。

スケッチで
「今あるみずみずしい瞬間を切り取ろう」
というコンセプトで、見開きで10点前後の絵を紹介しています。

どれも、現場で感じた空気感、わくわくを目いっぱい吸い込んだ、
その瞬間を掴んだものばかりが並んでいます。

絵を描くことはそんなに難しいものではなく、
自分の体験や思ったこと・感じたことをメモのように写し取る作業かなと思うのです。

まずは日常やちょっとした遠出先で、
自分の感じ取っている「今」を気負わず書きつけてみてほしいです。
そこで見た色でもいい、看板でもいい、空の感じでもいい。
「今」がどんどん紙に残っていきます。

何かそこから新しいことが始まったり、世界が広がって楽しくなっていくことを
心より願っています‥!

掲載先の教科書:
日本文教出版株式会社 高校美術 教科書番号I703

また、

新幹線の車内誌「ひととき」3月号

の表紙に絵が掲載されます。

テーマは植物。
ちょうど掲載の頃に展示が予定されているあちこちの植物園などの植物たちを描いています。

いつも描いている絵よりも少しだけ緻密で、”リアル”に近づいているかな‥?
艶感、質感、光具合、色彩など、お楽しみください。

植物より感じる鼓動、高揚感、親しむ気持ちが紙面を通して溢れてくれれば、
って思います‥!

車内雑誌「ひととき」はJR東海の東海道・山陽新幹線N700・700系のグリーン車の車両客室座席に一冊ずつ収められています。
機会のある方は、ぜひお手に取ってご覧ください。